読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフさん

ごちゃまぜevery day。好きなものは増やすもの。

仕事のオンとオフは、髪の毛の縛り方で切り替える

コラム コラム-思考と嗜好

京都行って、仕事して、休んで、仕事して、休んで(←今ここ)、休んで、、、

かと思えば6連勤もあるのが、シフト制というものです。

 

そんな私のオン・オフの切り替え方です。

 

f:id:maduki:20160511095905j:plain

 

それは髪の毛の縛り方!

オン(=仕事)は、下の方で一つ結び(中央)。

オフ(=休み)は、それ以外!

 

 

 

仕事の時も気を遣えよ~って思う方もいるかもしれませんが、私の中では簡素にすることが一番の気遣いなんです。私が主役じゃありませんから、そんなに目立っても仕方ありませんし、髪型だけで目立てるとも思いません。できるだけ時間をかけたくないという雑念もないわけではありませんが、毎度同じ髪型は意図的です。私の中の仕事への礼儀です。でも、覚えてもらえるようには多少あるかも。

 

とにかく、仕事の日は下の方一つ結び(中央)以外ありえないのです。

 

 

休みの日は逆に、下の方一つで結ぶ以外をします。下の方で結ぶにしても必ずサイドで縛る!これが一番簡単な切替です。そんなにヘアアレンジはできませんが、編み込みやくるりんぱぐらいはしてあげる日もあります。暑くなってくると、サイドで縛って毛先を団子に丸めるのも好き。一時期、ヘアアイロンでカールしてボリューム出したりしようと挑戦した時もありましたが、毛量が多いので上手く行かず手放しました。

 

とにかく、休みの日は下の方一つ結び(中央)は絶対にしたくないのです。

 

 

 

今回書いてて我ながら、どちらも強固な思いであることを再確認しました。

そして、そのままじゃ髪の毛ボサボサだから縛ってごまかしてるんだろってこと、

それが一番忘れちゃならないことでした。