読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフさん

ごちゃまぜevery day。好きなものは増やすもの。

ハロ!モバPresents 「矢島舞美&鈴木愛理 アコースティックライブ2016 ~コロンの娘。ふたたび~」【東京/山野ホール】

ハロプロ ハロプロ-現場レポ

2012年3月以来、4年ぶりの開催となった

矢島舞美鈴木愛理によるアコースティックライブに行ってきました。

 前回のライブDVDを見た時からずっと待っていたその日が、ついにやって来ました。

これは日曜だろうと休む!家族からの中華バイキングも断る!(笑)

 

ハロプロの携帯サイト(以下ハロ!モバ)会員限定で参加できるイベント。チケットも携帯で見せる形なのに、会場は地下で電波が入らない今思えば面白い状況でした。

f:id:maduki:20161116111114j:plain

電波が入らないのでボーっと開演を待っていると、いつもの注意のアナウンス。

ウトウトしながら、あれ?なっきぃ?でもちょっと声が落ち着いているような、、でも、ここで噛むなんてなっきぃっぽいけど・・とフワフワしたまま開演を迎えました。

 

 

会いたいロンリークリスマス ~ MC

  • 開演前のSEがクリスマスっぽい曲だったのも予兆だったかも。
  • 二人ともグッズ衣装で登場。
  • MCではライブのタイトルコロンの娘。について解説。これは前述の前回ライブ時にユニット名を募集したところコロン*1の飼い主と亨*2の娘が良い!となったのですが、それを舞美ちゃんが言えず「コロンの娘と!」と言ってしまったところに起因します。愛理ちゃんも話していましたが、コロンの娘の勢いで行くと残りは、亨の飼い主、、、うん、それは駄目だ。
  • 前回公演の振り返りも、ジャンプ禁止の会場で「飛んでー!」と「JUMP」を披露した思い出を語りながら、今日は「JUMP」はやりません発言。

 

3番ホーム3両目 ~ MC

  • 6thアルバム内の矢島舞美フィーチャー曲。
  • MCでは楽曲発表時は舞美ちゃん19歳、愛理ちゃん16歳、℃-uteにハタチがいなかったけど、もう学生じゃなかった舞美ちゃんがメインだったんだね、と。
  • 2回目公演では、歌詞のような恋愛って凄いよねという話題に。

 

LU LU LU*3なっきぃ乱入 ~ ルルルルル

  • 同じく6thアルバムから愛理のフィーチャー曲との紹介で始まる「LU LU LU」。
  • ワンコーラス歌い終わったところで「ちょっと待ったー!」なっきぃ登場。「それはGAMさんのLU LU LU℃-uteの曲はルルルルル。つまりー、ルが2個足りなーい!」。突っ込みのいないやじすずに突っ込むためだけに来たなっきぃ
  • 2公演目ではハロ!モバの宣伝部長をしているモーニング娘。'16の工藤遥ちゃんも登場!手にちゃっかりグッズのソックスを付けて宣伝。また、2度目のなっきぃ突っ込みではGAMの前に「松浦亜弥さんと藤本美貴さんの」の解説が付きました。

 

MC ~ 美少女心理 ~あったかい腕で包んで

  • 演奏メンバーの紹介をこのタイミングで。Buono!でもゆかりのある気心知れた方々のため、インタビュー形式でのメンバー紹介でした。舞美ちゃんと同い年のギターのひぐちけいさんをちょっといじりがちでした(笑)
  • 2公演目ではLU LU LUとルルルルルのネタバラシ。プロジューサーYさんの音源と楽譜の渡し間違いがきっかけで、せっかく練習してもらったからと両方披露することになったそうです。
  • ここからは事前に募集していた演奏してほしい楽曲ランキングの発表。5位「キャンパスライフ~生まれてきてよかった~」。4位「イメージカラー」。3位「悲しきヘブン(Single Version)」。「悲しきヘブン」はバージョン違いも10位以内に入っていたとのことです。タイトルを二人合わせて言おうとするやじすずが愛しい。そして、2位「美少女心理」、1位「あったかい腕で包んで」を披露。

 

MC ~ DVD未収録コーナー・茶番 ~ ディスコクイーン

  • 盛り上がった茶番コーナー。やじすずファンを試すべく、ハロ内のあのグループやあのグループ、ハロ以外のあのグループやあのグループの楽曲を特別披露。愛理ちゃんから口外禁止令が出てるので詳しくは省略します。でも、やじすずも気合いが入ってたし、楽しかった!
  • その流れからのディスコクイーンは途中から始まったので、DVD収録用に2公演とも出だしを撮るため、楽曲が始まる前の興奮と盛り上がりを演出し収録。

 

サマーヌード*4~ YELL*5(矢島) ~ 三日月*6(鈴木) ~ MC

  •  カバー曲ゾーン。こちらはDVD収録されます。
  • 2公演目のサマーヌードは出だしで、舞美ちゃんが歌詞がごちゃっとなり、やり直し。コーラスで入る「チェケラッサマーヌード」がかっこいい。
  • ソロ曲両方が、一人で頑張るよ系楽曲で、心揺さぶれてしまうタイム。
  • ソロ曲のみが今回自分たちの選曲だったとのことです。
  • 1公演目で「絢香さんで三日月でした」と紹介する愛理ちゃんの謎の三日月ポーズが、いつも通り変。

 

The Party! ~ 都会っ子 純情 ~ JUMP

  • High!とかOh!Yes!の舞美ちゃんの歌い方のアクセントが可愛い。
  • 都会っ子 純情はスローテンポから始まり情感たっぷりに。最後のセリフは愛理ちゃんが担当。当時の収録をしたものは呪いのメッセージのように怖かったという裏話ものちにありました。
  • 何だかんだ「JUMP」しちゃうし、一番一体感が生まれた瞬間。

 

(アンコール)Singing~あの頃のように~

  •  Aメロ途中から愛理ちゃんがシェーカーで演奏参加。
  • エンディングでは、やじすずから「いつものアレをやりましょう。11月6日はー!」という振りにやじすずの日!」と即座に対応する会場。本当は、ここでもずこーっと茶番をかます予定が、対応力に関心するやじすずでした。

 

 

 

そこに、やじすずが居れば幸せな空間ということは参加する前から分かっていましたが、本当に至高の時間でした。なんだか最高という言葉より至高を使いたくなる、尊い二人でした。「11月6日はやじすずの日」その言葉を信じて、また見に来たいなと心から思いました。

*1:矢島舞美の愛犬

*2:鈴木愛理の父でありプロゴルファー鈴木亨

*3:原曲:GAM

*4: 原曲:真心ブラザーズ

*5:原曲:いきものがかり

*6:原曲:絢香