読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフさん

ごちゃまぜevery day。好きなものは増やすもの。

℃-ute 11/2発売30thシングル発売記念 トーク&握手会 【HMV栄 / 矢島舞美】

 

11月1日は各メンバー1人で各地でイベントをやる!ということで、

迷った結果、大人しく地元愛知で舞美ちゃんに会いに行くことにしました。

 

HMVでのトーク&握手は他のハロプログループもよく実施していますが、行くのは初めてでした。だって、℃-uteちゃんが来るときはこれまで決まって仕事。他のグループはトーク&握手だけなら別になぁと回避していました。

 

15時頃に会場に到着。何も考えず入っていったところがちょうど列を作っている階段の扉で既に10名弱整列していました。一旦店内の様子も見てから、列へ。列も時間を追うごとに伸びて行き、階段上がらずに済むだけ早く並んでおいて良かった~と思いながら、しゃがんでただけで足が痺れてきた自分に年齢を感じざるを得ませんでした(笑)

 

10分遅れで販売開始。

上限2枚ということで、もう1回並ぶか迷い様子見。結局、もう1度並ぶ。その時に最初購入分の参加券の配布ミスのアナウンスがあり、ちょうどその対象だったので、正直に1枚返却しました。優先エリア券(赤)は握手券も兼ねていたのに、それに加えて握手券(ピンク)も2枚渡してしまっていたとのこと。(どうやら、同様のミスが大阪・萩原会場でもあったみたいです。向こうは配布終了後気づき、入場だけの扱いにして握手券の追加を出した模様。)

そして2度目の購入で、優先エリアの1桁が!!!

 

f:id:maduki:20161101181754j:plain

ちなみに1度目の購入も40番台でしたが、ヲタもだちと交換。珍しく比較的良番の引きだったようです。とはいえ、HMV栄のイベントスペースは狭く最前は4名程。期待しましたが、2列目が限界でした。でも視界良好!近い!

 

今日の舞美ちゃんの衣装は新曲のものではなく、私服でした。

舞美ちゃんには先月、名古屋と座間を間違えた前科があるので「HMV栄」の名前がすらっと出てきて一安心。まずは、新曲の紹介からスタートしました。

 

夢幻クライマックス:

大森靖子さんが作ってくださり、詞は解散発表前に出来上がっていたけど、発表を受けて変更。メンバー5人、そして過去のメンバーの名前が入っているのは、みなさん分かりましたか?℃-uteちゃんの間でも(中島)早貴居なくない?あっ、なっきぃ(泣き)の方ね!というやり取りがあったそう。

 

愛はまるで静電気:

初期の℃-uteのような可愛らしい曲。MVも初期の楽曲を担当してくれた方が監督をしたとのこと。℃-uteからファンへのメッセージが詰まっています。

 

Singing~あの頃のように~:

小さい頃から見ていてくれたつんく♂さんが作ってくれた曲。こちらは、℃-uteメンバーの心の中を歌ったような内容になっています。

 

「3曲、曲調はバラバラだけど今の℃-uteが詰まっています」と締めたところで、『無限クライマックス』の8文字(「マッ」で1文字)からキーワードトーク。キーワードが書かれた紙がHMVの袋に入って登場。そこから舞美ちゃんが引いて答える形式です。

 

ここでタイムオーバー。一旦、舞美ちゃんは退場して握手会の準備へ。

f:id:maduki:20161102114342j:plain

〔写真〕HMV栄公式Twitterより

 

私の4回の握手の内容は以下の通りです。

  • 名古屋のライブ最前で見たけど、最高だった!
  • 今日はどこ行こうか迷ったけど、舞美ちゃん選んで良かった!
  • 週末は、やじすずもしましまも行くね!
  • これで最後!手紙も書いてきたから、またね!

舞美ちゃんは居てくれるだけで、女神なのに、前のめりでギリギリまで手を振ってくれるから、逆にこっちが早く切り上げちゃって塩対応しちゃった気分になります(笑)

 

そして、来れなかった人にも愛を送ってくれる舞美ちゃん

ameblo.jp

 

やっぱり舞美ちゃんが示す方向に笑顔で信じて付いていこうと思った1日でした。

 

夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~(A)

夢幻クライマックス/愛はまるで静電気/Singing~あの頃のように~(A)