読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフさん

ごちゃまぜevery day。好きなものは増やすもの。

Buono! Festa 2016 【日本武道館】

ハロプロ ハロプロ-現場レポ

Buono!4年ぶりの新曲を掲げての、初の日本武道館での公演。

℃-uteの出演もある中、解散発表から1週間も経っておらず、モヤモヤした気持ちも持ちつつ東京へ向かいました。でも、一方でやっぱり凄い楽しみでもありました。

チケットは軒並みソールドアウト。4年ぶりだもん。武道館だもん。

東京へ向かう新幹線の中、気になるツイートが目に飛び込んで来ました。

グッズ列がやべぇ、と。

 

私の予定としては6月の℃-ute武道館同様、13時ぐらいに並び始めて15時には買い終わって、そのままホテルにチェックインして休もうといった具合でした。完全に甘かった。グッズ列で過ごした時間4時間半。

f:id:maduki:20160826005221j:plain

13時頃からすでにグッズ列に促すスタッフが「開演に間に合わないかもしれない」と補足する始末。並んでいる最中にも品切れ案内が数々。結果、4時間半も並んだんだからと、買う予定じゃなかったものまで買う私。それでもグッズを買い終えることで、これを乗り越えられたからもう何も怖くない的な境地にたどり着くことができました。

 

急いでチェックイン、着替えて再び会場へ。team℃-uteTシャツで参戦しました。

f:id:maduki:20160825161818j:plain

今回は2Fの最後列でした。正面やや下手だったので、全体の様子を見ることができ、強がるならアリーナより日本武道館を感じられる席でした。

  • 新曲「ロックの聖地」が1曲目。最初か最後かどっちかの楽曲だなぁと思ってたので、おぉこっちで来たか!とスイッチが入りました。
  • 序盤ロッタラ ロッタラで、"今日の僕たちが大人んなってしまえば/きっと見えてくるものさえ見えなくなってしまう/今日まで僕たちが夢中になって探したものは/ほんとはいったい何だったんだろう"の歌詞にやられ、この日イチ涙腺を刺激されてしまう。
  • 雅ちゃんの新ユニット名発表。そして楽曲も何か全てオシャレ!
  • ℃-uteちゃんは駆け抜けるように熱く終わってしまった。解散のことも触れないから、実は無かったことだったんじゃないかと思ってしまうほど。一番後ろから一番届くぐらい叫んでいた時間。
  • カンガルは新曲披露。ロカビリーとカンガルは合う。好き。
  • 梁川先生からの祝辞は、ぜひ映像でフル収録してほしい。
  • 愛理・ももちを除く℃-uteとカンガルでホントのじぶんなっきぃがなかなか良いとこを持って行ったのと、℃-uteに向けて「バカヤロー」叫んだ自分。
  • 新曲「ソラシド~ねえねえ~」の2番は、ここで初聴き。これがいわゆる私信と勘違いするやつかっていうほど良い歌詞だった。愛理ちゃんの高音が染みる。
  • Kiss!Kiss!Kiss!の途中のベッド演出はずるい。ももちゃんの「眠いからみんな歌ってー」、、、可愛い。。。
  • アコースティックゾーンは泣かず食い入るように見た。お美しいタイム。
  • VTRは安定の面白さ。愛理さんはまたばぁさんになっている。
  • ラスト「タビダチの歌」、これもあかんやつと思って発表以来聴いてなかったけど、みんなが充実に溢れて笑顔だったから、こちらも笑顔でいれた。

 

6月の℃-uteの武道館を思うと悔しいほどの超満員でした。みんな平日でも来れるじゃんって(笑)みんなの中でBuono!の特別感って凄いんだなぁって。気付くとアノ曲はやったけど意外とアレやってないっていうのもあって、空白があろうとBuono!にも確かな歴史があるなぁとしみじみしてました。

今回、ブランクもあり新ユニットもありで一番大変だっただろう雅ちゃん。でも、それが顔に出ないのはやっぱり凄いです。Buono!でも、現グループでもリーダーの位置にいる桃ちゃんは、カントリーの時すごく素敵な笑顔をしていたのが印象的でした。そして、我が推し愛理ちゃん。末っ子の甘さも大人になった魅力も全て見せて魅せてくれました。

 

グッズ列の時間の読みは甘かったけど、泊りにしておいたのは間違いじゃなかったです。グッズ列の疲れを癒すためにも、この余韻に浸るためにも間違いじゃなかった。