読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフさん

ごちゃまぜevery day。好きなものは増やすもの。

人生初の野球観戦で感じたアレコレ【ナゴヤドーム 中日VS楽天】

2016年6月3日、ナゴヤドーム・中日vs楽天、人生初の野球観戦を経験してきました。

f:id:maduki:20160603164313j:plain


ナゴヤドーム自体は、就活での合同企業説明会以来なので4,5年ぶりでした。コンサートならバンドからアイドルまで経験ありますが、スポーツ観戦とは縁のない生活をしている私。野球もサッカーも、相撲も、まぁ一般常識の範囲でニュースを見ている程度です。そんな私が、初めて野球観戦で感じたことを記録しておきます。一応、地元ドラゴンズを応援しましたが、以前℃-ute楽天イーグルスの応援歌を歌っていたこともあり、揺れる心での参加です。



平日なのに凄い人!でもドームに入るとこんなもの?

ドームって、それだけ広いんだよ、で話はまとまってしまいますが、本当に凄まじい収容力です。平日ともあって、よく見積もって3分の2、詰めたら半分ぐらいしか入ってなかったんじゃないかな?だからドームツアーやれるって凄いんだなぁとしみじみ。



これだけの人数を捌くのにチェックはしっかりめ!

入場時の荷物チェックが、予想外にしっかりしててビックリしました。正直、コンサート系の荷物チェックって形式的と言うか、広げて見ました→カメラ無いですね?っていう一連の流れ作業のような形なんですが、野球観戦の荷物チェックは、バッグの中を触ってのチェックだったんです。白い手袋を付けて行ってくれます。そして、もう一つの驚きは飲み物の持ち込み!そのままはNGだけど、カップに入れ替えればOK。入れ替えは、係りの人がやってくれるんだけど、その絵がシュール。まぁ、紙コップも有料って訳じゃないし、移して空になった缶やボトルは捨ててくれるし、良いんだけどシュールでした。


ホームチームにはめっちゃホーム

ここまでホームのチームと、そうじゃないチームに差があると思ってませんでした。良いプレイした時、3アウト取った時、打者が入る時、ホームチームは盛り上げる音や映像が流れるのに対し、相手方はさらりと終わっていく。やってる方は「アウェイ」って言葉を感じざるを得ないですよね。よくテレビで言うアウェイな雰囲気っていうのがよく分かりました。


外野応援席以外は自由に楽しめる!

 野球中継を見ていると全体が熱く応援しているイメージですが、実際それは外野応援席から発生しているものでした。今回、私は内野席で観戦しました。そこでは食事を取りながら観戦している人や、静かに見守る人が多数。ここぞ!の場面になれば、その場所からも声援が飛びますが、基本はゆったり自由に観戦ができました。鳴り物系のグッズを持たずに参加しましたが、別に疎外感を感じることもなく、いざとなれば両の手がありますからね!


ドアラが意外とテキパキしてない

今日のドアラはバク転決めてくれました!でも、何回か毎にチアガールたちとパフォーマンスして帰る時、ドアラは決まって戻るのが最後なんですね。もう始まっちゃうよって。その油断が、今日の敗戦原因かなと思ってます。

 

f:id:maduki:20160603200618j:plain


今回はたまたまチケットを頂く機会があって観戦となりましたが、チケット自体は1500円~ある模様。近ければ、雰囲気や食べ物目当てでも楽しめる場所だなぁと思いました。